乾字龍門功北京本部のご紹介

 

乾字龍門功研究会の本部道場は、北京首都体育学院の蘇学良教授により創立されました。

その場所は北京市石景山区福寿領15号にあり、建物は南向きで中国伝統的な四和院です。

北側には中心となる二段建ての建物があり、一階は応接間、東西に客室と台所、南は会議室兼宴会室になって、中庭ではいつも武術を練習しています。

土日になると弟子たちは道場に集まり、稽古を行います。

弟子の出身は大学の教授から経営者、サラリーマンまでさまざまです。

道場に来たら皆一緒、差別なし。

海外の弟子もアジアからヨーロッパ、アメリカに至り、定期的に北京本部で交流会を開いています。

甥である蘇洪升(乾龍)は1990年日本に渡り気功、太極拳を伝播しています。

今まで12回日本の弟子を連れて中国本部との交流を行い、日中友好のために役割を果たしました。

大勢の日本人が身近に中国人の生活状況を感じていただきました。

交流会の宴会ではいつも盛り上がり、まさに国という堺を感じなく、お互いに良い思い出になりました。

何年経っても交流会の話になると、テンションが上がります。

 写真紹介

空港から市内の高速入り口、中国風の料金所です。

空港から市内の高速入り口、中国風の料金所です

 

旅行中毎日朝6時天安門広場、ホテルの前で太極拳気功を練習しました。

ホテルの前で太極拳気功を練習1 ホテルの前で太極拳気功を練習2

 

北京本部会員が刀術、気功を披露する様子。

気功を披露する様子1 気功を披露する様子2

 

交流会のあと本部で皆さんと一緒に昼食を頂きました。さそりは意外と美味しかった。

交流会のあと本部で皆さんと一緒に昼食1 交流会のあと本部で皆さんと一緒に昼食2

 

乾字龍門功北京本部の会員との交流した後に記念撮影しました。

乾字龍門功北京本部の会員との交流

 

万里の長城で自然の気功を行いました。

万里の長城で自然の気功

 

万里の長城で記念撮影。

万里の長城で記念撮影

Copyright© 2012 龍弘道場 All Rights Reserved.